失敗しない指輪の選び方

ハンド

意外な盲点

結婚指輪は婚約指輪と違って毎日つける物なので、意外な盲点に気をつけましょう。これは体質も関係してきますが、指もムクミます。ムクミやすい人がピッタリサイズを購入すると、毎朝結婚指輪が指を締め付けてしまうので、半号から1号くらい大きめを選ぶと良いでしょう。最近流行っているエタニティリングやハーフエタニティリングですが、やはり毎日生活していると取り巻いてるダイヤモンドが外れるトラブルが無いとは言えないので、アフターケアをしてくれるお店で選ぶのが賢明です。太って入らなくなったり、逆に痩せて緩くなってもサイズ直しもしてもらえます。結婚指輪はシンプルな物の方が仕事にも家事にも障りがなくてよさそうですが、数十年もつけるので飽きる事も考えられます。見た目はシンプルでも、指輪の裏面に自分しか見えないパートナーのメッセージを入れたり、小さな誕生石を入れる事で自分だけの特別な結婚指輪になります。裏面なら派手なのは苦手だけど飽きがこない結婚指輪になります。一般的に男性は地味な物を選びがちですが、女性は婚約指輪と重ね着けするケースも多いので、お互いに歩み寄って選びましょう。自分達でデザインから作らせてもらえるお店もありますが、やはり素人よりプロのデザインの方が綺麗なので、アドバイスは聞いた方が良いです。きちんと聞いた方が、自分達の意見を取り入れた上でプロの技術をしっかり使ってくれます。失敗しないためには、お店選びが大切です。